ブログ

 

2020年9月8日

【文書系 資格編】ワープロ検定とWord(マイクロソフトスペシャリスト)違い

  • ブログ

今回はオフィス系の資格である2つを紹介します。
タイトルにある2つの資格ですが、認知度は高めです。

簡単に区別すると、
☆ ワープロ検定(正式名称:日本語ワープロ検定試験):文書作成が問題通りできているか。
団体:日本情報処理検定協会
★ Wordマイクロソフトオフィススペシャリスト:基本の操作方法を把握している。
団体:Microsoft(手続き等:オデッセイ コミュニケーションズ株式会社)

/////////

☆ワープロ検定は、文字数や文書の組み立てが基盤となる資格です。
・300文字だったり、400文字などを時間内に正しく入力できるか。
・問題の文書を正しく組み立てられるか。

早さと正確さで合格できます。
80点以上(8割)であれば合格となります。


★Word マイクロソフトスペシャリスト(MOS スペシャリスト)
・ワードの基本機能を覚える。
・ワードの使い方を覚える。

つまり、『覚える』ことができれば資格取得が可能です。
実際は700点以上(7割)できていれば合格できます!

経験のない方は、誰しも難しいと思います。
急にはできませんが、コツコツ進めることで理解し始めます。

3歩すすんで2歩下がるでOKです。
私自身の戒めでもありますが、『継続は力なり』です。

自分のペースもよいので、進めていきましょう(^^)

こちらは就労継続支援B型ハートシップ中島公園で学ぶことができます。

・・・さて本題です。

「この資格って就職に使えるの?」という質問に答えます。

個人的主観で申しますと、

『事務系』であれば活用できると思います。

面接官の方が
『文書については基本なことはできていそう』
『何か文書作成する時は任せられるかな』
と思います。

狙えるなら上位資格取得がオススメです。
・ワープロ検定 1級
・ワード マイクロソフト エキスパート

この2つの難易度高めの資格を取得していれば、なお印象良しでは。

難易度が高めの資格を持っているということは、背景に『努力して得た人』と
好印象を与えることもできます。

資格は必ずしも必要ではないですが、合格すれば達成感や自信がつきます。
取って損することはないでしょう、当事業所は全額負担しますので(^^)

見学・利用体験 お問い合わせはお気軽にどうぞ!

体験利用を通じて一日の流れを確かめてみてください。
一日の終わりには分からないことや不安に感じたことなどをスタッフと話し合います。

アクセス

〒064-0809
札幌市中央区南9条西6丁目1-32
ヒーズビル1F

地下鉄

地下鉄南北線「中島公園駅」1番出口
徒歩5分

市電

「山鼻9条駅」電停
徒歩1分

JRバス

「南9条西7丁目」バス停
徒歩3分